■現在募集中のレッスン■
・2019年11月のアロマテラピー検定1級試験対策講座(1day)@恵比寿
・アロマハンドセラピストコース&アロマブレンドデザイナーコース@恵比寿
・2020年3月のアロマテラピーインストラクター試験を目指す講座@恵比寿
・2020年3月のアロマテラピーインストラクター試験を目指す講座@国分寺
・2020年5月のアロマセラピスト学科試験を目指す講座@国分寺

2018年10月30日

香り当てテストのコツ公開!アロマテラピー検定に向けて

恵比寿にあるNatural Beauty College プルミエールにて、代表講師を務める菅沼亜紀子です。
間もなく、アロマテラピー検定試験日ですね!

と、本日。
当校でアロマテラピーアドバイザーコース(アロマテラピー検定対策講座)を受講いただいた生徒さんからメールを頂戴しました。

やはり不安は・・香り当てのようです。

67fe53360e12381768e98a8bf4a4f624_s.jpg

試験の最初の2問が香り当てテストです。
4拓問題です。

一人ずつ、精油の入った小さな小瓶が渡されます。
まず1本目。嗅いだら4拓から1つ答えを選びます。
小瓶は回収され、部屋の換気が行われます。
そして、2本目の小瓶が渡されます。
1本目と同じく嗅いだら4拓から1つ答えを選びます。
小瓶は回収されます。

つまり、後で嗅ごうと思っても嗅ぐことができません。

とはいえ、あまり一生懸命嗅がなくても大丈夫です!
試験会場にいる全員が同じ香りの精油を嗅ぐため、会場中に香りが広がります。
以前、受験された生徒さんは、会場に試験用の精油の小瓶セットらしきものが入ってきただけで、香りが分かったとか!

嗅ぐことにあまりにも夢中になると、小瓶に鼻がついてしまうことも。
皮膚刺激の心配はもちろんのこと、2本目の香り当てがかなり難しくなってしまいます。

リラックスして、ゆっくりと香りを嗅いでみる!
そして、第一印象を信じる!

何より4拓ですからね。

自宅での練習も、まずは精油を4本用意して、メモ用紙に書き出します。

例)
A ゼラニウム
B ラベンダー
C グレープフルーツ
D ローズマリー

その中から、ランダムに選んだ1本を嗅いでみます。
A〜Dのどれかを答えます。

4本から選ぶと、ほら!意外とできるものです。

柑橘系(グレープフルーツ、スイートオレンジ、ベルガモット、レモン)のどれか?という嗅ぎ分けは難しいですが、柑橘系と分かれば、おそらく選択肢の中に柑橘系は1種類かな〜と。
なので、上記問題で果物っぽい香りだなぁと分かれば、自ずとCが選べるかと思います。

2問中、1問当たれば御の字〜というくらい、リラックスして。
応援しています!

☆最後に宣伝を(^▽^)/☆
アロマテラピー検定の後は・・アロマテラピーインストラクターを目指しませんか?
当校の◆必須履修科目のみのコース◆は、明日までのお申込みで早割適用です。

●受講料:91,800円(税込) ➡10/31までのお申込みで78,840円(税込)

実は!先程もお申込みを頂戴しました。
今週末の検定受験の予定の方も、もちろんお申込み可能です。
詳細は下記サイト内<AEAJ本科資格「アロマテラピーアドバイザー」「アロマテラピーインストラクター」>のページへ。
https://f-premiere.jimdo.com/



posted by jasmine at 17:00| Comment(0) | 講座のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: